アニ缶.com

東京の満員電車に毎日乗り、働いてる意味を考えている猿のブログ。

【パワプロ2014栄冠ナイン】アップデート後の栄冠をプレイした感想

   

 

eikannine2014r

11月20日にアップデートがされて1週間近くたちました。

アップデートを行った後の1週間近くプレイした感想をまとめました。

 

 

アップデート感想

 

・公式戦で対戦するチームの出現率を調整

これは顕著に変更されましたね。 今のところ1年プレイしましたが、本当にAランクが出にくくなりました。あと地区予選ではEランクDランクの出現率がかなり高くなりました。

 

ただし、それは地区予選での出現率の話で 甲子園ではポンポンAランクが出現します。

 

まぁこれだけならば、強いチームを作って地区予選1回戦で敗北だ!!!

 

という惨劇は起きにくくなったので私としてはうれしいです。

 

 

・試合での投球、打撃、走塁などのバランスを調整

 

打撃面でのアップデート

これも非常にうれしいアップデート 引っ張り&積極打法&共振多様戦法があまり強くなくなりました。

いや、いまでも十分に通用しますが、ホームラン率が圧倒的に減少しました。

 

 

積極打法の強さは健在

なぜ積極打法が強いのか? 今作は、間違いなく「見逃し三振」が圧倒的に多いです。 私は高校野球は見たことがあまりないので現実も見逃し三振が多いのかな?と思ってしまうほど多いです。

しかも、アップデートを行っても、その状況は変わらなかったため、今後も改善されることはないと思います。

 

 

守備面でのアップデート

前回のアップデート1.01の場合は、手を伸ばしても届く場所に対して、飛びつきプレイが多くてエラーというのが多発していました。

今回のアップデートで

近くなら手伸ばしプレイ、遠くて届かない場合は飛びつきプレイというのが多くなりました。これはうれしいアップデート

 

走塁面でのアップデート

怠慢走塁プレイがなくなりました。やったぜ

二塁打がちゃんと出来るようになりました。

 

 

 

 

投手が選ばれやすくなった??

やっと2度目のドラフト投手選手が生まれました。

 

 

 

と以下のように普通にプレイしても気づく点が多くありました。

 

 - ゲーム関係, レビュー , ,